スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トイレを開けられ激怒、「けじめをつけろ。指を切れ」などと言い、少年3人が暴行し金奪う

トイレを開けられた相手に暴行し、金を奪ったとして、埼玉県警少年捜査課と東入間署は強盗傷害の疑いで、埼玉県和光市の中学3年の男子生徒(15)と、同市と東京都練馬区に住む16~17歳の無職少年2人を逮捕した。


調べでは、3人は1月27日朝、富士見市の飲食店で、少年の1人が鍵をかけずにトイレに入った際、ふじみ野市の男性会社員(20)にドアを開けれたことに激怒。
同日午前7時~8時10分の間、店を出てきた男性と連れの男性(19)を近くの駐輪場に連れ込み、「けじめをつけろ。指を切れ」などと言って殴るけるの暴行を加え、男性らに重軽傷を負わせた。
さらに、コンビニのATM(現金自動預払機)でキャッシュカードから現金計15万円を引き出させて奪った疑い。

 3人は1月に、万引をしたとして逮捕。供述から犯行が分かった。
「遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080326/crm0803261933030-n1.htm
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。