スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


伝説のペニス呪術医療師「あなたのチンコは6センチ伸びる」

「世界中から、性的不能、早漏といった問題を抱えた男性、ペニスを長く、または大きくしてほしいといった男性たちが、ひきもきらずやって来ます」と話した。




 ドクターのバダンさんは、暗がりの中にあぐらをかき、患者に木製のペニスを持たせて、希望を具体的に示すように言う。
患者の説明が終わると、しばしの沈黙のあとでバダンさんは、患者のペニスは「極めて平均的な長さ」との診断を下し、6センチ伸ばすための処方せんを出す。

 この処方せんは、謎めいた調合薬や液体を10日間服用し続けるというもの。患者は苦い果実を口にふくんでどす黒い液体を一気飲みし、ペニスの形をした竹に詰められたココナツライスを一気に流し込む。これを怠ると「ペニスにとんでもないことが起こる」という。

 また、特別な植物油を、毎日「決められた動作で」頭のてっぺんから足の先まで塗布しなければならない。
さらにはグリーンバナナやシトロネラ(植物の一種)の摂取も厳禁だ。

 処方せんにもよるが、1日あたりの治療費は70万-100万ルピア(約8000-1万円)になる。
大半のインドネシア人にとってこれは高額だが、Caringin村の周りにマンションがどんどん建設されているところを見ると、高額の治療費を払える人はたくさんいるようだ。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2356573/2667529
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんな物使ってどうするんだ
38cmになっても・・・

【2008/03/18 17:34】URL | ぼ部な名無しさん #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。