スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いじめを受けた少女、毒入りケーキをクラスに差し入れ復讐

2月22日午後4時ごろ、バンコク都内チョンノンシー地区の職業学校で集団食中毒が起き、生徒25人が病院に搬送されるという事件が起きた。




被害に遭ったのはサトゥプラディット商業高校3年の男女生徒。
差し入れとして届けられたケーキを食べて10分ほどしたところで、吐き気・腹痛に襲われ、トイレで下痢をする者、嘔吐する者、軽い呼吸困難になる者が続出した。

警察がケーキを調べたところ、クリームに青色の泡が付着しており、異臭を放っていたため、殺虫剤の可能性が高いと見て、すぐに鑑識課に回した。

警察の調べに、ケースを教室に届けた学校事務員は、30歳前後のオートバイタクシーの運転手が10個入りのケーキの箱を3箱、炭酸飲料1瓶、アップルジュース1瓶を事務所に届けてきて、
「これを午後3時から113号教室でコンピュータの授業のある3年生に届けるよう頼まれた」と供述している。

そして、その日の夜、ケーキを届けたオートバイタクシーの運転手本人がこのニュースを知って、ビックリ。
翌朝、自らの無罪を証明するため、警察署に出向いた。

運転手によれば、「16、17歳の色黒で長髪の少女がケーキの箱と飲み物を持ってきて、
『サトゥプラディット商業高校の事務室に行き、午後3時から113号教室でコンピュータの授業のある3年生に渡すよう頼んでほしい』
と頼まれ、手間賃として30バーツを渡された」という。

さらに、「その少女は上唇の上にホクロがあった」と証言したから、その情報を元に同商業学校の生徒を調べたところ、現在、長期間学校を休んでいる女子生徒が容疑者として浮上した。
そこで、警官がその少女の自宅に行き、取り調べたところ、すぐに犯行を認めた。

少女は警官に対して、「1か月ほど前、クラスの女の子と殴り合いになった時、他の女子生徒もその子の味方になって、私を袋叩きにしました。
そのため、それから学校に行けず、自宅で勉強していました。
しかし、定期試験が3日後に迫ったことで、何か無性に腹が立ち、クラスの皆に復讐しようと考えました」と話していた。

バンコク週報
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

毒りんごの魔女だな

【2008/02/26 18:03】URL | ななし #-[ 編集]

いじめてた方がどうなったのか知りたいところ

【2008/02/26 18:18】URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]

こえぇぇぇ

【2008/02/27 00:13】URL | 名無し #KfMO8t.E[ 編集]

個人的には自殺するよりよくやったと言ってやりたい
まぁ無差別だけど 周りで黙ってたやつも同罪ってことで

【2008/02/27 12:35】URL | #-[ 編集]

とりあえず食うなよ

【2008/02/27 17:29】URL | #-[ 編集]

208ここのところ生ハメ率97%ww

ちなみに中田氏率は39%ですけどなにか?www

えーとつまりアレだ。ココの金持ちイっちゃってますw
http://g-blend.net/qr/

【2008/02/27 23:37】URL | 352生ハメ仙人 #JalddpaA[ 編集]

そんなことより学校の名前すごいなw

【2008/02/28 12:49】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。