スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


首つり>蘇生>逆上>スリーパーホールド>死亡

米国カリフォルニア州サンディエゴで、1月26日、セバン・ケボーキアンさんという36歳の男性が恋人の機敏な行動により、間一髪のところで命を救われた。




彼女に発見されたとき、ケボーキアンさんはアパート自室のクローゼットの横棒にかけたロープで首をつっていた。彼女はすぐにロープを切って彼の体を降ろすと、人工呼吸などの処置を施した。

すると、どうだろう。ケボーキアンさんは見事に息を吹き返したではないか。

だが、ケボーキアンさんは彼女に感謝する気になんかなれなかったようだ。
せっかくあと少しでこの世からおさらばできるはずだったのに、なんで邪魔をしたのか! と彼女に食って掛かった。

男性は、窓から部屋の中に入り込み、ケボーキアンさんを彼女から引き離そうとして、ケボーキアンさんに背後からスリーパーホールドをかけた。

そして・・・スリーパーホールドで落とされてから5日後の1月31日の深夜前、ケボーキアンさんは帰らぬ人となった。

つづきは以下を
http://rate.livedoor.biz/archives/50527696.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

どこから突っ込めばいいんだ・・・

【2008/02/04 00:13】URL | VIPPERな名無しさん #o25/X8aE[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2008/02/05 12:30】 | #[ 編集]

これですべて解決 
つ[本末転倒]

【2008/06/08 12:27】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。