スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


携帯で電話するときの「プププ音」はなぜあるのか?

「プププ」という音で通話相手の携帯電話会社がわかる、というサービスが今月からはじまった。お正月に繰り返しCM放映された、このサービスの正式名称は「ソフトバンク呼び出し音」。


 
時間帯によりソフトバンク(SB)端末同士での通話が“かけ放題”状態となる同社の料金メニューを利用しやすくすることが目的のようだ。

とはいえ。あのCMを見た、SB以外の携帯電話を利用する人の中には、「でも、俺のケータイも『プププ』って鳴るよなぁ…」と思った人も多いはず。
確かに、サービス開始以前から、携帯電話で(に)電話をかける際には「プルルル」という呼び出し音の前に「プププ」という音が鳴っていた。
注意深い人ならば、ときに2段階の「プププ」音が鳴っていたことに気がついていたのではないだろうか。
いったい、これら「プププ」音の正体とは? 『進化するケータイの科学』(サイエンス・アイ新書)著者の山路達也氏に聞いたところ、「基本的には、互いの回線をつなぐための『交換機』という装置に接続中である、ということを知らせるための音と考えてよいでしょう。
ただし、携帯電話同士が通話をする際には、途中いくつかの交換機を経由しており、どの段階で『プププ』音を鳴らすかは、会社ごとに違いがあります」という。ドコモ、au、SBの3社(方式が若干異なるPHSをのぞく)の例で説明すると、電話をかける際には、3社とも相手の交換機(関門交換機)に接続するまでの間に「プププ」音を鳴らす。
対して電話を受けるキャリア側では、auとSBではつなぎたい端末の最寄りの交換機(加入者交換機)を探す間に「プププ」音を鳴らす。ドコモではこの動作中は無音だ。
また、auとSBでは「プププ」音に違いがある。つまり「プププ」音の違いを聞き分ければSB以外でも自分が、どの会社の携帯電話に接続しているかわかるのだ。
通話割引のようなサービス活用に役立つこのマメ知識。覚えておいて損はないかも。

http://news.livedoor.com/article/detail/3480709/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。