スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中学生が小学校の校庭でパンツ強奪された事件

東京都昭島市の小学校の校庭で今月20日、中学生らが男に刃物で脅されパンツなどを奪われた事件で、警視庁は28日、強盗致傷容疑で小学校教諭山本貴之容疑者(26)を逮捕した。


昭島署によると、山本容疑者は少年から携帯電話も奪っており、事件後に少年の自宅にいたずら電話をかけていたという。

 調べでは、山本容疑者は20日夜、昭島市の市立小学校校庭で、12―13歳の中学1年の少年8人に、刃物を突き付け「ズボンを脱げ」と脅迫。ジーパンやパンツを脱がせて奪った疑い。2人は逃げ出したが、残った6人のうち1人が刃物に触れて軽いけがをした。

 山本容疑者は2004年に羽村西小に新卒採用で赴任し、現在は6年生の担任。羽村市教育委員会によると、勤務態度に問題はなく、事件のあった20日以降も通常通り勤務していたという。市教委は「事実関係を調査中でコメントできない」としている。


http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20080128007.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。