スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


引きこもりやニートがもてなす居酒屋 (客も引きこもりやニート)

不登校や引きこもりの青少年を支援する京都府向日市のフリースクール「みらいの会」が、同市内の飲食店の店舗を借りて、引きこもりやニートの若者らが働く居酒屋をこのほど開いた。


初日から大勢の客でにぎわうなど、好調な滑り出しで、同会では「若者が社会復帰する第一歩になれば」と期待を寄せている。

 居酒屋は「美しゅ みらい・ボタ山」。乙訓地域の引きこもりやニートの若者らが従業員や客として参加するとともに、子どものことで悩む親らが交流する機会をつくろうと企画した。同市寺戸町の飲食店「美しゅ」が定休日の日曜に、月に1度、店舗を借りて開店する。

 営業初日の20日夜は、支援者や引きこもりの若者など大勢の客が訪れる中、同会の1期生らがカウンターに立ち、調理や接客を積極的にこなした。コンサートも催され、自らも引きこもりの経験がある役者石本径代さんがオリジナルソングなどを披露し、雰囲気を盛り上げた。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008012200082&genre=K1&area=K30
画像
http://www.kyoto-np.co.jp/static/2008/01/22/P2008012200082.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。