スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スーツケースに入って旅行してしまった猫

ケリー・レヴィさん(24)が、飼い猫のグレーシー・メイを最後に見たのは夫のセスさんを空港に車で送った時だった。 18日夜、自宅に戻ると、いつもいる階段にグレーシー・メイの姿はなかった。 グレーシー・メイは生後10カ月のトラネコ。



父親と一緒に家中を徹底的に探したがネコは見つからない。そこで「迷子のネコ」の張り紙をつくっていると…
電話が鳴った。
「もしもし、信じられないかもしれないけど、テキサス州のフォートワースから電話しています。実はわたし、間違えてご主人の荷物を持って行ってしまいました。そして荷物を開けたらネコが飛び出してきたんです」

グレーシー・メイはセスさんの黒いスーツケースの中に忍び込み、手荷物検査のX線チェックをパスし、飛行機に積み込まれてしまった。
そして手荷物のベルトコンベアに乗せられ、赤の他人に持って行かれたわけだ。

電話をしたロブ・カーターさんは「朝になって、ネコの首輪に電話番号が記されているのに気がつきました。
で、連絡をしたのです。旅行者の奥さんは悲鳴を上げていました」
ちなみに、カーターさんは今回のハプニングで猫を飼いたくなったそうだ。
その時は飼い猫に「スーツケース」という名前を付ける予定だ。

http://excite.co.jp/News/odd/00081201171274.html
画像
http://image.excite.co.jp/feed/news/extnews/extnews_The_Cat_Came_Back.sff.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。