スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


死んだ弟の免許証で違反繰り返す=65歳を逮捕

死亡した弟の運転免許証を使い、無免許運転を繰り返していたとして、大阪府警堺南署は24日までに、道交法違反などの疑いで富田林市高辺台、会社員広瀬浩治容疑者(65)を逮捕した。



 広瀬容疑者は2006年以降、3回免停処分を受け、停止中は弟の免許証で運転。スピード違反などで計7回検挙されたが、免許証の弟の写真と似ていたため、気付かれなかったという。

 調べでは、広瀬容疑者は免停中の昨年9月、堺市中区の府道で制限速度を30キロ超えて検挙された際、弟に成り済まして免許証を警察官に示し、交通切符(赤切符)に署名した疑い。

 広瀬容疑者は堺簡裁の出頭命令に応ぜず、切符の住所に連絡を取った警察官に「わたしは兄。弟は行方が分からない」と説明。不審に思った警察官が調べると、弟は05年12月に病死していた。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。