スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「小悪魔ギャル」って何だ?!

「小悪魔ギャル」をご存じか? 「かわいい顔して男を手玉にとる女のことだろ」と答えたあなたは「ブーッ!(不正解)」。


 
エビちゃん(蛯原友里)ら「お嬢様系」の対極に位置する「ギャル系」の中に生まれた1カテゴリーで、浜崎あゆみのように 頭のてっぺんからつま先まで人形のように飾った女の子たちを「小悪魔ギャル」と呼ぶらしい。キャバ嬢をリスペクトし、将来の夢は「お嫁さん」と語る不思議な彼女たちの実態を紹介する。

 「巻き」を「盛り」、「カラコン」と「エクステ」で飾って、「キラ盛り」の指で「デコ電」を打つ-それが小悪魔ギャルの基本スタイル。…なんて書いても全然伝わりませんね。はい、これから詳しく説明します-。

 今回、小悪魔ギャルはおろか、普通のギャルともまったく縁がない30男の記者に「小悪魔ギャルとは何か」を指南してくれたのは、小悪魔ギャル系雑誌のカリスマモデル、ねむちゃん(20)とTOMOKOちゃん(22)。そして、小悪魔ギャル向けファッションブランド「Bless」を主宰する「DTLJ」の山崎みしえるプロデューサーだ。

 そもそも、小悪魔ギャルとは何なのか? 山崎さんは次のように説明する。

 「自分をかわいく磨き、きれいな服を着て、お金をいっぱいもらって、男に愛される女の子-それが小悪魔ギャルの理想型です。その理想にもっとも近いのがキャバクラ嬢。そのため小悪魔ギャルたちはキャバ嬢のようにかわいくなりたいと思っている。キャバ嬢にあこがれる19-23歳の『小悪魔ゾーン』はいま、ものすごく活性化していますよ」

 実際、小悪魔ギャル向けファッション誌は出版不況にもかかわらず好調で、その象徴的存在である月刊誌「小悪魔Ageha」(インフォレスト)は老舗ファッション誌をしのぐ売り上げだという。

 そんなわけで、「今日のファッション、キャバ嬢っぽいね」と言うのは、こと小悪魔ギャルたちに関しては最大級のホメ言葉なのだ。だが、これを普通のギャルに対して使うのは当然NG。そこで、小悪魔ギャルを見分けるための4つのポイントを、カリスマ小悪魔ギャルの2人が解説してくれた。(以下ソース)
http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_01/g2008012129_all.html
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。