スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニート・引きこもり:「逃げず頑張ろう」

進学も就職もしていない「ニート」や自宅に引きこもる子どもを持つ保護者向けの意見交換会が19日中区八丁堀の広島地域若者サポートステーション「若者交流館」で開かれ、広島市の保護者ら13人が参加した。


 
日ごろの悩みなどを打ち明けた保護者らは、それぞれ思いを分かち合い、「私も頑張りたい」と気持ちを新たにしていた。

 意見交換会は、専門の相談窓口を設けてニートの状態にある若者の支援に取り組む同館が初めて企画した。
安田女子大文学部の伊藤拓准教授も参加し、「意欲のなさを本人のせいにせず、職場経験をさせて達成感を味合わせるなど応援してください」と励ました。

 保護者らは複数のグループに分かれ、子どもや家族状況について意見交換。
「引きこもる子どもを少しでも外に出したい。でもどうしたいいか分からない」などと募る思いを打ち明けた。

 次男が約10年前から引きこもりを続けている西区の保育士の女性(54)は
「信頼できる友人がおらず人間関係を築けないのが原因だと思うが
同じように頑張っている人たちがいると思い、自分も逃げずに頑張りたい」と話した。 (毎日新聞)
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。