スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アニメ「シゴフミ」 昨今の社会情勢に配慮して内容修正へ

今冬から放送が開始されたアニメ「シゴフミ」の第3話について、内容に問題があったとして、放送内容を修正するとの告知が、公式サイト上でなされた。



「シゴフミ」は、湯澤友楼原作でライトノベルが刊行されており、想いを残したまま亡くなった人が大切な人へ宛てて書いた手紙「死後文」(シゴフミ)を届ける死後文配達人の少女・文伽と、その相棒の不思議な杖・カナカ、そしてシゴフミに関わった人たちの姿を描いた作品。

問題のシーンの内容については触れられていないが、「青森母子殺害事件」や「佐世保散弾銃乱射事件」に関係しているのではと、囁かれている。

同様に社会情勢を考慮して放送を自粛したアニメ作品として最近では、「ひぐらしのなく頃に」や「School Days」などがある。(どんだけ!?ニュース)


以下は公式サイトでの文面

1月16日 第3話『トモダチ』の内容修正に関するおことわり

「シゴフミ」視聴者の皆様へ

いつも「シゴフミ」を応援していただき誠にありがとうございます。
この度、「シゴフミ」第3話『トモダチ』に関しまして、昨今の社会情勢に配慮して内容を一部修正して放送する予定です。視聴者の皆様には誠に申し訳ございませんが、予めご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

また、今回、制作に関わられたスタッフ・キャストの皆様には修正に関して事情をご理解いただきたくよろしくお願い申し上げます。

今後も「シゴフミ」を応援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

「シゴフミ」製作委員会


シゴフミ
http://www.shigofumi.com/news_info.html

シゴフミ キャプチャー画像
http://tv.be-to.com/jlab-live/s/98429.jpg
http://tv.be-to.com/jlab-live/s/98430.jpg
http://tv.be-to.com/jlab-live/s/98431.jpg
http://tv.be-to.com/jlab-live/s/98432.jpg
http://tv.be-to.com/jlab-live/s/98433.jpg
http://tv.be-to.com/jlab-live/s/98434.jpg
http://tv.be-to.com/jlab-live/s/98435.jpg
http://tv.be-to.com/jlab-live/s/98436.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。