スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


和田アキ子を怒鳴りつけ、ビビらせた大物女優

嫌われたり、逆ギレされたりするのが怖い-そんな叱れない世の中に、歌手の
和田アキ子(57)が喝を入れた『おとなの叱り方』(PHP新書)をあす17日出版する。芸能界で一目置かれる存在のアッコを縮みあがらせた名女優、山岡久乃さんの思い出を夕刊フジに明かした。



芸能生活40周年を迎えた和田。大阪で“ミナミのアコ”と呼ばれた不良少女は、芸能界で叱られて育てられた。「山岡のおっかぁに叱られて以来、今まで一度も遅刻したことはないのよ。めっちゃ、怖かった…」と、ピンと背筋を伸ばして振り返る。

「『三男三女婿一匹』(TBS系、76-80年)っていうドラマで共演させていただいたんですけど、当時、私は横浜に住んでいてね。遠いでしょ。だから(新宿)2丁目で朝まで飲んで、そのままテレビ局へ行ってたのよ」

和田は、すでに「あの鐘を鳴らすのはあなた」(72年)が大ヒットするなど、歌手として人気街道をひた走っていた。その天狗の鼻をへし折られる出来事があった。
ある日、仮眠している間に寝過ごして、あわてて現場に向かうと、胃けいれんを起こしてしまった。「何も食べないで飲んでばかりいたから…」。朝からビッチリ詰まっていた撮影が滞った。

山岡さんのカミナリがスタジオに炸裂した。

「あんた、ドラマを何だと思ってんの! 歌手で人気があるかもしれないけど、ドラマはみんなで作んのよ。あんたひとりのために、みんながダメになっちゃうのよ」

和田はマネジャーとともに顔を強ばらせ直立不動。すぐあとに、山岡さんは「あんたには愛情が足んないのよ。好物は何?」と声を落とした。

「“肉じゃがとかナスの煮浸しです”って答えたら毎朝、作ってきてくださった」と和田。

叱るだけじゃない。心憎いフォローに完敗。以来、芸能活動で遅刻したことは一度もない。

出版にあたっては、「少女時代、不良だった私が叱り方の本なんて…」と、戸惑ったが、その背中を今は亡き山岡さんが押した形だ。

和田自身、山岡流を受け継いで後輩を叱った後に、「おい、大丈夫か」と電話をかける。
落ち込んでいるときは、「メシでもどうだ」と誘うことにしているという。

和田は言う。「携帯メールもパソコンもやったけど、やっぱり、生の声を聞く方が好きだね。相手の体調も分かるしね。完全にアナログ人間だよ」

産業能率大学が1998年から調査を続ける「新入社員の理想の上司ベストテン」で、唯一、10年連続ランクインを続ける和田。部下を叱るヒントにもなりそうだ。

引用元
http://www.zakzak.co.jp/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。