スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


押尾学、息子の名前は“りあむ”ちゃん

俳優の押尾学がフィットネス用品ブランド『ボディメーカー』の2008年度イメージキャラクターを務める事になり15日(火)、都内で記者会見に出席した。昨年11月に妻で女優の矢田亜希子との間に待望の第一子となる男児が誕生していた押尾は、息子の名前を“りあむ”ちゃんと公表。



「基本、僕がお風呂担当」「かわいいです。たぶん、イケメンになるかな。僕に似てる。顔や目も」と目尻を下げながらパパぶりを報告した。

 スーツ姿でビシッと決めた押尾は「子供が生まれたので、飯を食わせないと。頑張らないといけないと思いまして」と今回の活動に意欲満々。今回の起用のために食事制限や体作りに励んだそうで「押尾を使って良かったと思われ
るように体を作った」とプロとしての仕事ぶりを報告し、「今年も挑戦しつつ、夢やいろんな事に挑戦したい」と今後の活動へ意気込みをみせた。

 また、出産発表以来公表されていなかった息子の名前を「LIAMです」と英語読みで発表。記者陣から「リャームですか?」と確認されると「違うよ!エルアイエーエム、りあむだよ」という一幕もあり「りあむが大きくなったら、ボディメーカーを着て、キャッチボールをしたい」と陽気に応えていた。

 今回、押尾が起用された格闘技・トレーニング・フィットネス用品ブランド『ボディメーカー』の広告モデルには、これまで魔裟斗、桜庭和志、ミルコ・クロコップらプロ格闘家がイメージキャラクターを務めていたが、メジャーなスポーツブランドを目指すために押尾に白羽の矢が立ったという。
http://headlines.yahoo.co.jp/
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。