スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大人が選ぶ泣ける洋画ベスト30

SmaSTATION!!では、全国の大人2000人に緊急アンケートを実施。
数々の名作と言われる映画のなかで、特に「泣ける洋画」を、ランキングで発表します。
誰もが涙したあの名シーン、世代を超えて愛されているあの物語は、果たして何位に入っているでしょうか?



1位「タイタニック」(1997)          
2位「アルマゲドン」(1998)         
3位「ゴースト~ニューヨークの幻」(1990)
4位「グリーンマイル」(1999)        
5位「ショーシャンクの空に」(1999)    
6位「アイ・アム・サム」(2001)       
7位「ライフ・イズ・ビューティフル」(1998) 
8位「E・T」(1982)              
9位「ニュー・シネマ・パラダイス」(1989) 
10位「シンドラーのリスト」(1993)     
11位「フォレスト・ガンプ」(1994)      
12位「戦場のピアニスト」(2002)      
13位「A.I.」(2001)              
14位「シザーハンズ」(1990)        
15位「クレイマー・クレイマー」(1979)   
16位「ある愛の詩」(1970)
17位「ローマの休日」(1953)
18位「マディソン郡の橋」(1995)
19位「スタンド・バイ・ミー」(1987)
20位「愛と青春の旅立ち」(1982)
21位「アポロ13」(1995)
22位「レナードの朝」(1990)
23位「きみに読む物語」(2004)
24位「ロミオとジュリエット」(1968)
25位「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000)
26位「フィールド・オブ・ドリームス」(1989)
27位「街の灯」(1931)
28位「グッド・ウィル・ハンティング」(1997)
29位「哀愁(1940)」
30位「ミリオンダラー・ベイビー」(2005)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。