スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


包茎は問題ない 劣等感煽る包茎手術は悪徳商法

9日、都内などの3医療機関が安価な包茎手術をうたう広告で患者を勧誘しておきながら、様々な手術を強要し高額な手術代を請求したという20代の男性ら3人の訴えを都消費者被害救済委員会に付託し、紛争解決に乗り出すことを東京都消費生活総合センターが明らかにした。



同センターによると15万円の手術代と広告にうたっておきながら広告掲載費用の約10~20倍にあたる140万~280万円の手術費を要求していたとのこと。

男性向けの雑誌であればファッション誌から成人誌まで多くの媒体で目にする包茎手術の広告。そこには包茎であることの害がこれでもかというほど書かれているが、実際にはどうなのだろうか。

医師の言うところによると「特別な場合を除けば別に問題はありませんよ。もちろん、不潔にしていれば病気になることもありますが、それは身体のどの部分だって同じこと。むしろ手術をすることで感度が下がることもあるのでお勧めはできませんね」とのことで、別に問題がある訳ではなさそうだ。

以前からもこの手の広告はコンプレックスを煽ると問題視されており、悪徳商法であるとの声もある包茎手術商法。下半身の話であるゆえ恥ずかしさからか被害にあったという報告は身の周りではあまり聞かないが、2004年の国民生活センターには579件の相談がよせられている。

ちなみに、日本以外では仮性包茎という概念がそもそもほとんど存在しないそうで、恥としている人は滅多にいないという。
http://news.ameba.jp/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。