スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


薬物使用の噂が絶えない芸人

元光GENJIの赤坂晃、三田佳子の二男・高橋祐也、そして歌手の桂銀淑……。 昨年は芸能人による覚醒剤事件の“当たり年”だったが、当局は現在も大物芸能人をマークしているという。
麻薬Gメンが狙う“本命”は、かなりのビッグネームともっぱらだ。



「厚労省・麻薬取締部は現在、ある大手レコード会社の内偵を続けているとのことです。
その会社には、紅白出場経験のあるカリスマ女性歌手が所属している。
彼女は、新宿界隈を飲み歩き、深夜の路上でフラフラの姿も目撃されています。当局は“奇行のウラに薬物アリ”とにらんでいるようです」(捜査事情通)

昨年末にもテレビ出演していた彼女。薬物逮捕という事態になれば、芸能界のみならず、日本全国に衝撃が走る。

さらに、バラエティー番組に引っ張りだこの中堅お笑いコンビにも、「薬物使用」のウワサが絶えない。

「2人はレギュラー番組を持つ売れっ子ですが、下積み時代からクスリに手を出していたという情報が飛び交っています。
何年にもわたって薬物を常用していた疑いもある。内偵しているレコード会社とも関係が深いため、麻取もまだ注目しているようです」(関係者)

確かにボケ役のハイテンション芸は、クスリをやっていてもおかしくないような……。

今年も、芸能界の薬物汚染の実態が明るみとなるのか。

http://news.livedoor.com/article/detail/3458548/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。