スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「うつ病は、心の病気ではなく物質」

腹痛や片頭痛、耳鳴り、腕のしびれ-これらの体の不調の原因は
「鬱病(うつびょう)」の身体症状の可能性があるという。



精神科クリニックで25年にわたり治療にあたってきた大塚クリニック(千葉市稲毛区)の大塚明彦院長は、「鬱病は適切な治療で必ず治る」とし、
内科医など一般科の医師も正しく診断・治療することの必要性を訴えている。

鬱病は、気分が落ち込むなどの症状や、だれでもかかる可能性があることから
「心の風邪」ともよばれる。しかし、大塚院長は
「鬱病は“心”ではなく、脳の神経伝達物質の不足からくる病気」と言いきる。

実際、近年急速に発展している脳科学で、鬱病と脳の神経伝達物質の関係が
少しずつ証明されてきている。

鬱病は自殺の主な原因とされ、年間3万人を超える自殺者を減らすには鬱病を
正しく診断し、適切な治療をすることが求められている。
しかし、鬱病なのに鬱病と診断されず、救える命を失っているのが今の日本の現状だ。

大塚院長は「もし原因不明の痛みに苦しんでいる人がいたら、鬱病を
疑ってみてほしい」と呼びかけている。

http://sankei.jp.msn.com/life/body/080109/bdy0801090813001-n1.htm
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ありがとです。

あ…。
なんだかセンチメンタルジャーニー(懐)な気分になりました~。

とっても、ありがとうございます ですぅ~♪

【2008/07/18 02:32】URL | りぃ子 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。