スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初音ミクにローゼンメイデン…合成音声に注目集まる

パソコン上で自由に音声を合成できる技術を利用した商品やサービスの開発が相次いでいる。ユーザーが作成した歌詞や楽曲を仮想アイドルに歌わせるソフトや、人気アニメのキャラクターに自由にせりふを話させるサービスが登場。ネットの動画投稿サイトで話題を呼び、爆発的な人気を集めている。音声合成技術の高度化やパソコンの処理性能向上が可能にしたサービスで、新たなビジネスにつながると業界の期待も高い。



<開始10日で9000人が参加>

 クリプトン・フューチャー・メディア(札幌市)が平成19年8月に発売した「初音ミク」は、同名のキャラクターに、ユーザーが作曲・作詞した歌を自由に歌わせることができるソフトウエア。もともとの声は実存する声優のものだが、ヤマハが開発した独自技術を使い、声優の声を合成し自在に楽曲を歌わせることができる。

 合成された音声のなめらかさや、初音ミクのキャラクター人気が後押しし、「ニコニコ動画」や「ユーチューブ」などネットの動画投稿サイトで作成された楽曲などが公開され、爆発的な人気を呼んだ。クリプトンでは昨年12月に、
2人組ユニットが楽曲を歌うソフトも発売。市場拡大に意欲を見せる。

 NECビッグローブも同12月に、TBSの深夜テレビアニメ「ローゼンメイデン」に登場する人気キャラクター「真紅」に、自由にせりふを話させることができる実験サイト「アリス・プロジェクト」を開設した。

 ローゼンメイデンは、麻生太郎前外相がファンだったといわれ話題を集めたアニメで、放映終了後1年半も経ているにもかかわらず、開始10日あまりで約9000人ものユーザーが登録した

http://sankei.jp.msn.com/economy/it/080109/its0801091718001-n1.htm
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。