スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あの裸祭り、露出狂&ホモ押しかけ…胸毛男が心境激白

岩手県奥州市の黒石寺で2月に行われる裸祭り「蘇民祭」の観光ポスターについて、JR東日本が掲示を取りやめた。上半身裸のたくましい胸毛の男性がモデルとして登場するが、JR東では「胸毛など特に女性が不快に感じる図柄で、見たくないものを見せるのはセクハラ」と判断した。ただ、男性にとっては1年間待ち続けた、一生に一度あるかないかの晴れ舞台。地元の注目度も最高潮だったが、ご本人はいたって冷静だった。



「一人がイヤだと思えばセクハラになってしまう世の中ですから、仕方がないんですかね」

モデルとなった奥州市に住む会社員、佐藤真治さん(38)はそう話す。祭りに20年以上参加しているベテランで、現在は世話人も兼務する。写真は昨年、必死の思いで勝ち取った蘇民袋を手に歓喜の雄たけびを上げた瞬間で、いつ撮影されたかは覚えていないという。

今年のポスターに採用されたことで、地元では羨望(せんぼう)のまなざしを受けていた。期待も高かっただけに、ちょっぴり恨み節も出る。

「いまだに正式な連絡は一切なく、友人から『お前の裸がインターネットで話題になってるぞ』と知らされただけです。セクハラといいますけど、何と言っても親からもらった大切な体で、たまたま体毛が濃かっただけなんですよ。
ヒゲだって自分の意志で伸ばしているだけ。胸毛や体毛が少ない人は、見た目が良いからエラいということなんでしょうかね」

一昨年までは全裸もOKだったことから、露出狂や同性愛者が多数押しかけ、一時は全裸者の大半が“ソノ筋”となり、神を冒涜(ぼうとく)する行為も目に余ったため、現在は全裸禁止となっている。

(以下略)
http://www.zakzak.co.jp/top/2008_01/t2008010910_all.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。