スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本で優秀な人材がMFに偏るのは「キャプテン翼」のせい!? 作者もFWの人材不足を気にかける

日本で優秀な人材がMFに偏るのは、翼の影響ではないか。日本サッカー界の慢性的な決定力不足を「キャプテン翼」の主人公、大空翼に押しつける声が、作者・高橋陽一の耳にも時折入る。


 
 小学生時代はFWだった翼は恩師・ロベルト本郷の教えで中学からMFに転向した。「中盤にしたのは、ボールに触れる場面を増やせるから。当時はマラドーナやジーコとかMFが目立っていたし」と説明する高橋も、日本のFWの人材不足を気にかけてはいる。

 02年に「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載を始めた「ハングリーハート」の主人公、叶恭介はFWという設定にした。連載中の「GOLDEN―23」では、GK若島津健をFWに挑戦させている。スポーツライターの乙武洋匡との対談で「20年後に日本の得点力不足が解消されるようにFWをもっと描いて」とリクエストされたのがきっかけだ。
 「現実の流れは、やはり気になる。読者の目も肥えてきたし、非現実的なストーリーは書きにくい」。
高橋は日本サッカーの足取りを意識する自分を感じる。

 98年、日本はW杯に初出場し、その夏、中田英寿はイタリア・セリエAにデビューした。99年は世界ユース選手権で準優勝。日本サッカー界は猛スピードで発展した。「当時は現実がマンガを超えていく感覚だった」と振り返る高橋が言葉をつなぐ。「その流れがドイツW杯の1次リーグ敗退で止まったかな。安易に日本のW杯優勝を描くのは、無理がある気がするんです」

日本サッカー協会は05年元日に「2050年までに日本はW杯で優勝する」という宣言を発表した。
「頂点に近づくほど、その道は険しいが、大きな夢を描くのは大事なこと」。そう語る日本協会会長・川淵三郎は高橋にエールを送る。
 「大人になると現実を直視して、夢をあきらめがちになる。マンガも登場人物が大人になり、現実を意識しすぎると、理想のシナリオとのギャップに悩むのかも。もう一度、子供を主人公に、サッカー少年に夢を与える作品を描いてほしい」
 「GOLDEN―23」で、翼の妻・早苗は妊娠中で、来年には第1子が生まれる。
日本のW杯優勝は翼の息子世代に託す可能性もあるのか? 「ありえなくは、ないです」。高橋は笑って、そうこたえた。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200711110084.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。