スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


優秀な原画マンの時給=540円 優秀な作画監督の時給=800円

ベネチア国際映画祭で話題になった「パプリカ」を手掛けた今敏監督がいる。 「美少女セーラームーン」でキャラクターを描いた只野和子さんがいる。 他にもアニメ界で師と仰がれる重鎮たちが、10月13日に東京都杉並区で行われた「JAniCA」の設立発表会に勢ぞろいした。



 今監督が「アニメ業界が悲鳴を上げ始めて30年ほど。
悲鳴を外部に届けようとする団体ができたことは喜ばしい」と協会の設立にエールを送った。

 総動員体制による非常事態宣言ともいえる団体の発足。
その背景には、アニメ業界で働く人の低賃金ぶりがある。

 「時給換算した収入は優秀な原画マンで540円、優秀な作画監督で800円。
それより低い人もいる」と芦田代表は説明した。

芦田代表は手塚治虫の虫プロダクションを振り出しに、「魔法のプリンセスミンキーモモ」のキャラクターデザインや、劇場版「北斗の拳」の監督を務めたトップクリエーター。
いまはアニメ制作会社の社長として、スタッフの待遇改善を進める立場にあるが、現場に回ってくる資金の少なさがそれを許さない。

 「芸人だから貧しくても仕方がないという声もあるが、売れていない芸人と違って、アニメーターは仕事があるのに貧乏だ」と芦田代表。
「優秀な人材が入ってくれなくなって、アニメの劣化に歯止めがかからない」と嘆く。

 「装甲騎兵ボトムズ」の作画監督を務めたベテランアニメーターの谷口守泰氏は、大阪の専門学校で講師をしている。
「生徒のなかで3人しかアニメ業界を希望しない」と実情を話す。

 作り手が増えず、本数だけが増えていけば質は落ちる。
いまは現場のベテランたちが、職人魂で賃金を上回る仕事をこなして支えているが「それも限界」(芦田代表)という。やむにやまれず「JAniCA」設立を断行した。

続き
http://www.business-i.jp/news/enter-page/enter/200710230012o.nwc
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

上手くいくかどうかはおいておいて、行動自体は素晴らしい事だと思います。人事ながら、頑張ってもらいたいものです。

【2007/11/10 15:29】URL | 通行人α #-[ 編集]

刑務所では、立ちっぱなしの仕事した人と座り仕事の人で
夕食の飯の量が違う、ってタモリ倶楽部でやってたよ。

【2007/11/10 19:27】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。