スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「猟奇的な犯罪で『テレビを見てやった』と言ったとしたら、それはウソだと思う」と「ガンダム00」の竹田青滋プロデューサー

「機動戦士ガンダム00」を手がけるヒットメーカー、竹田青滋プロデューサーが
「アニメ業界を目指す若者へ」と題して秋葉原でトーク。「森羅万象、何でもアニメになる。 広く興味を持って」と訴えた。



「一期一会という言葉は『一度しかない出会いの前にどれだけの努力をするかが大切』と僕は解釈している」
トークは東京・秋葉原で3日、デジタルハリウッド大学学園祭のイベントとして行われた。

毎日放送チーフ・プロデューサーの竹田さんは、「鋼の錬金術師」「コードギアス 反逆のルルーシュ」などをヒットさせ、
現在はガンダムシリーズ最新作「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」を手がける。
西暦2307年、三つの国家群に分かれて争う人類に対し、謎の武装組織「ソレスタルビーイング」が全戦争行為への介入を宣言。その一員である若者たちがガンダムを駆り、世界を敵にした闘いを始める。

「このアニメではアメリカ、中国といった実際の国名をそのまま出した。現実とのつながりを考え、世界のこと、イラク戦争のこと、日本の憲法のことなどに思いを致す作品にしたいから」
善悪は相対的なもの、という考えが根幹にあると言う。「ダブルオーでは『ソレスタルビーイング』が正義の名の下に力を振るうが、それが何をもたらすか。誰かの正義は、みんなの大義にはならないということを考えてほしい」
84年に毎日放送入社。報道、営業を経て編成部門に。
「ずっとドラマを作りたいと思っていたが、アニメもドラマだから目標通り」と語る。
「報道時代は殺人事件を追っかけたり、監察医の仕事やゴーカートドライバーの成長を取材したりした。
営業では、スポンサーである製薬会社や自動車会社のことを勉強した。それがアニメ作りに役立っている。

今は佐藤優さんの本を読んで、ああいうインテリジェンス(諜報)の話をアニメにできないかと考えている」
手がけた作品で、残酷な描写や性的表現が物議を醸したことも。
「そのシーンが必要だとクリエーターが思うのなら、何とかするのが僕の仕事。
抗議が来たら正面から受け止め、議論もしたい。
せっかく公共の電波を使っているのだから、賛否両論なにも起こらぬものを流してもいけないでしょう」 猟奇的な犯罪が起こると「アニメやゲームの影響か?」と取りざたされることについて、会場からの質問で見解を問われて、「それはない」と明快に否定した。
「犯罪に走る人の想像力は、脚本家の想像力を超えている。『テレビを見てやった』と言ったとしたら、それはウソだと思う」


http://www.asahi.com/komimi/TKY200711060314.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

リスカとかだとマンガの影響ではじめましたって人多いけどね。
それがなければ少なくとも自傷という形でストレスをはけ口にすることはなかったと思うって言ってた。

【2007/11/09 00:43】URL | #-[ 編集]

マスコミが手当たりしだいに流すのが最大の原因と思うが。

【2007/11/09 10:06】URL | #-[ 編集]

とりあえず※1は実際にリスカしてるメンヘラに合ったことが無いのは分かったwww
そんな単純じゃねぇよ。きっかけになる場合はあるかも知れないが、原因はもっと根深い。
キミみたいな人がきっとうつ病の人を自殺に追い込むんだろうな。

【2007/11/10 13:24】URL |     #-[ 編集]

米3みたいな人が普通の人を鬱に追い込むんだろうな。

【2007/11/13 00:35】URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。