スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2人殺害の罪の被告 父親に「てめえの責任」と叫ぶ

京都と神奈川で親戚2人を殺害し金を奪った罪に問われている男の裁判で父親が証言しましたが、被告の男は父親に対し「事件はてめえの責任」と叫ぶなど不規則発言を繰り返しました。



 松村恭造被告(26)は今年1月、京都府長岡京市でおばの岩井順子さん(当時57)を殺害し金を奪ったうえ、神奈川県では大叔父の加藤順一さん(当時72)を殺害し金を奪った罪に問われています。
 松村被告の父親は殺害された岩井さんの弟にあたり、7日、法廷で証言しました。

 父親は松村被告の生い立ちについて「息子が高校受験に失敗してから家庭内で暴力を振るうようになった」などと語りました。
 これに対し松村被告は時折、父親をにらみつけ、「事件は半分以上がてめえの責任」などと叫び、裁判長からたしなめられました。
 今月21日には松村被告の母親が出廷する予定です。

http://www.mbs.jp/news/kansai_GE071107222700062133.shtml
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。