スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


男子高校生が授業中に発砲、8人死亡。 ユーチューブで大量殺人予告していた(画像あり)

イメージ画像フィンランドの通信社STTなどによると、同国の首都ヘルシンキの北方にあるトゥースラのヨケラ高校で7日、男子生徒(18)が授業中の生徒らに向けて銃を発砲し、8人が死亡約10人が負傷した。



男子生徒は、学校の建物を取り囲んだ武装警察にも発砲したという。フィンランドの警察当局は、犠牲者は男子生徒5人、女子生徒2人と、女性の校長と明らかにした。事件を起こした男子生徒は銃で自殺を図り、病院に収容されたという。

同国メディアによると、男子生徒は犯行前に、動画投稿サイト、ユーチューブで「革命」を呼び掛け、高校での大量殺人を予告していた。
ロイター通信によると、投稿された動画は「ヨケラ高校虐殺 2007年11月7日」と題され、「私は大義のために戦い死ぬ用意がある。私は選ばれた者として、不適格者を抹殺する」と表明していた。

トゥースラの当局者は、事件は終息したと述べた。学校の建物は中学と高校が使用しており、発砲後、校内はパニックとなった。はだしで逃げ出す職員や生徒らもいた。

YouTubeに投稿された殺人予告
http://techdigest.tv/jokela-massacre-youtube.jpg
日経新聞
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20071107STXKD085007112007.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。