スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


学校裏サイト50万で見つけます

2007年11月7日、Webサイトの運営やコンサルティングを手がけるガイアックスはインターネット上で開設されている「学校裏サイト」や「ネットいじめ」への対策をサポートするコンサルティングサービス「スクールガーディアン」を、同日より開始すると発表した。 契約対象は学校法人や教育委員会を想定。



 学校の生徒が開設する裏サイトは、口コミによりサイトが共有されていることが多いため、学校側が実態を把握しにくい。

またパソコン向けサイトだけでなく、携帯電話のサイトの場合もあり、検索エンジンなどでは見つけられないことが多い。同社は独自の検索手法を使い、学校の裏サイトを発見。

「複数ある場合でも7割程度は見つけられる」(ガイアックス)としている。

 見つけたサイトについては、内容を分析した上でレポートにまとめる。発見からレポートまでの料金は1回50万円から。

これとは別料金で、対策方法の提案などのコンサルティング業務を請け負う。

対策後も効果が一時的にならないよう通報用窓口を設置するなど、継続してモニタリングも実施するという。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071107/286686/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。