スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


mixiなどSNSに「飽きた」人増加 今後はミニブログに

NTTアドは7日に、「SNSとミニブログ」の利用実態に関する比較調査の結果を発表した。調査は、2007年10月12日~16日に10代~50代の男女個人のSNS利用者を対象とし、SNS利用の変化と、ミニブログの利用状況、利用者の友達意識などについて、インターネットアンケート方式で行われた。有効回答者数は443人(SNS+ミニブログ利用者227名、SNSのみの利用者216名)。



SNSは、ソーシャルネットワーキングサービスの略で、mixiに代表される招待制のコミュニティサービスを指す。

一方ミニブログは、短文のメッセージや日記などを書き込む簡易型ブログで、2006年秋アメリカで始まった「Twitter(トゥイッター)」に続き、日本でも今年4月以降、さまざまな企業がサービス提供を始めている。
ミニブログでは、サービス会社から提供される無料のホームページに、参加者(ミニブロガー)は1行程度の短文を書け、それに反応した会員がまたコメントを書くなどして、サイト上で会話のようにやりとりをすることができる。

2つとも、現在のネットコミュニケーションサービスの代表格と言える。利用者が716万人(総務省「ブログおよびSNSの登録者数」2006年3月発表)を超えたSNSは、幅広い年齢層にまで利用が拡大したが、「反応をやりとりするつきあいに疲れた」という「SNS疲れ」といった言葉も現れており、ミニブログが「SNS疲れ」した利用者への代替サービスとしても注目されているという背景がある。

まずSNSにおいては、利用頻度において全体の51.0%は「変わっていない」というものだったが、「減った」という回答も30.5%あり、逆に「増えた」は18.5%に留まった。

その理由については、「他人のページを見たときに記録が残る」25.6% 「ホンネを書きづらい」25.0% 「飽きた」23.8% 「(熟考して文脈を伝える)文章を書くことが負担」21.9% 「反応(コメント返信等)を期待されるのが負担」 20.6% などが上位を占めた。当初はSNSの特徴として喧伝された「足あとが残る」「リアルな付き合い」といった部分が、実際には読む側・書く側に圧迫感・負担感 (いわゆる“SNS疲れ”) を生んでいる様子が見て取れる。

http://news.livedoor.com/article/detail/3378388/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

LineageTOIBoss@リゲル...リネージュ Lineage 傲慢 ボスhttp://linainfo.net/movie/mov0023.zip

【2008/04/15 10:00】URL | スタパラ #HmsGVGSQ[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。