スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「不審に思わなかった」 47歳女性、146回も振り込め詐欺被害

栃木県栃木市の会社員の女性(47)が、146回にわたり計1455万円を振り込め詐欺でだまし取られていたことが6日分かった。栃木署は詐欺容疑で捜査している。


 
 調べでは、女性宅9月17日、「あなたは民事裁判を起こされた」などと書かれたはがきが届いた。
裁判の内容は書かれていなかったが、不安に感じた女性がはがきにあった電話番号に連絡すると、弁護士を名乗る男4人が「訴訟を取り下げるのに金が必要だ」と口座への振り込みを指示。
女性は9月19日から10月11日までの間に、現金自動預払機(ATM)から現金を146回振り込んだ。大半は1回当たり十万円だった。

 女性は「家族に知られると迷惑が掛かると思い振り込んだ。不審に思わなかった」と話しているという。10月中旬から男らと連絡がつかなくなり被害に気付いた。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/97961/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

47歳にもなって、なぜきちんと調べようとしなかったのだろう?
おかしい、と思わないところがおかしいよ・・・・

【2007/11/07 18:03】URL | え #UcusC/tg[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。