スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【画像あり】驚愕!背中から腕が生えた女児

2日、中国河南省鄭州市の第五人民医院で一歳一ヶ月の女児が、背中から生えた手を切除する手術をうけ、成功しました。
女児は、同省登封市に住む張軍さん夫婦の娘、晶晶。
晶晶が生まれたのは、2006年10月のこと。農業を営む張軍さんは産気づいた妻を病院に連れていき、そこで帝王切開により晶晶がとりあげられました。
しかし妻がまだ麻酔から覚めないうちに、張軍さんは助産婦から目配せをうけ、赤ちゃんが普通ではないことを知らされます。



産声をあげる晶晶の背に手が生えていることを知った張軍さんは、最初妻には知らせず、三日三晩悩んだといいます。意を決して妻に話した出産四日目。妻はベッドに横たわったままで一日中塞いでいました。
しかしため息ばかりを吐いてもいられません。子供の名前を考えたのは夫の張軍さんでした。最初に娘を見たとき、瞳がキラキラと輝いてみえたことから付けたのだそうです。

晶晶をうけいれた市第五人民医院が調べたところ、寄生胎の腕は晶晶の頸椎より繋がっており、肩甲骨と鎖骨それぞれ一対にもう一本の腕と思われる長い骨が一本、晶晶の背に埋まっていることがわかりました。
晶晶の体からはほかに軽度の心臓弁膜症が見いだされましたが、病院側では手術には影響ないと判断。頸椎の神経組織を傷つけ、半身不随になる可能性も予見されましたが、この2日、手術をおこない、無事に成功しました。

市第五人民医院によると、中国での寄生胎をもつ胎児の報告はこれまでに20例ほど。といいますが、「胎児内胎児」の例は先月、先々月にもニュースとしてとりあげられましたから、この数字はあまりアテにはならかいかもしれません。

http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-2817.html
http://news.163.com/07/1103/04/3SBKGLQG00011229.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

流石中国
奇形児くらいなんともないぜ

【2007/11/05 13:11】URL | #-[ 編集]

張軍さんって張飛軍の略ですよね

【2007/11/11 10:33】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。