スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レディコミ漫画家「東大(笑)最低限の恋愛マナーくらい身につけてもらえないだろうか」

花田美恵子さんとの不倫を、若手俳優が告白した。しかも、芸能活動自粛。もう、格好悪さ全開である。さきごろの選挙では民主党の姫井由美子議員が、過去の不倫相手に交際を暴露された。もちろん不倫はほめられたことではないが、美学なき男性の行動がはるかに不快だった。



 つきあった異性とのことは、決してもらさないのがマナー。
そんなことさえ守れない男女には、恋愛する資格など到底ないだろう。
しかし、昨今では珍しくなくなったストーカー事件などをみていると、
女に振られた男たちの情なさ、卑劣さ、器の小ささといったらない。

 げに恐ろしいのは彼らが、表ではちゃんとした社会人をしていることである。
つまりこの国ではそんな恋愛感覚しかないのに、国のかじ取りをし、安全を担い、子供の教育をしているのだ。
正直、東大になんぞ入ってくれなくてもいいから、最低限の恋愛マナーくらい身につけてもらえないだろうか。

 恋愛のエネルギーをコントロールできない人間に職務が全うできないのは当然のことで、非常に雑駁(ざっぱく)だが日本の外交下手は恋愛下手と大いに関係ある気がする。
女の心をとらえたり、きれいに別れたりもできないで、国益にかかわる駆け引きなどできようはずもない。
フランスでは大統領がなかなか奔放な妻と離婚したが、それによって大統領としての品位を落としたという話はあまり聞かない。
結局のところ、美学ある大人の振る舞いがモノをいうのではないか。

 学校で愚にもつかぬジェンダーフリーや品位のない性教育を教えるなら、よほど恋愛哲学を教えてほしい。
それこそダンスでもいい。
もっともそんなことのできる気の利いた教員がいないこともまた、この国の問題ではあるのだが。
(漫画家 さかもと未明)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/dan/96933/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。