スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


交通事故を起こした韓国人が身代わりに日本人少年を出頭させる

事故を起こした際に無免許運転が発覚するのを恐れ、自分が経営する店のアルバイト少年に対して身代わり出頭を命じたとして、岐阜県警は10月30日、韓国籍を持つ35歳の男を犯人隠避教唆と道路交通法違反容疑で逮捕した。



岐阜県警・各務原署によると、逮捕されたのは愛知県尾張旭市内に在住し、韓国籍を持つ35歳の男。
この男は2006年12月11日未明、各務原市各務おがせ町付近の国道21号を
走行中、対向車と衝突する事故を起こした。

事故自体は男が被害者側だったが、運転免許証の更新を怠ったことで2005年10月に失効。無免許運転を隠蔽するため、自身が経営する飲食店にアルバイトとして勤務する19歳の少年に対して「身代わりになってくれ」と依頼。その場から逃走した。

少年は男の指示に従い、「自分が運転していた」と名乗り出たが、事故で負傷した同乗者との供述に食い違いがあることが後に発覚。この点を追及していたところ、身代わりの指示があったことを大筋で認めた。

警察では男を逮捕するとともに、この少年についても犯人隠避容疑で調べを進めている。

http://www.carview.co.jp/news/0/57833/
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。