スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デリバリーヘルス装い、モデルやタレントを使って売春。月1億円荒稼ぎの男を脱税で告発…東京

東京・渋谷で派遣型の売春クラブを経営していた38歳の男性が、約8000万円を脱税したとして、刑事告発されました。



 告発されたのは、千葉県市川市に住む売春クラブの元経営者の男性です。関係者によると、男性は2004年4月から、「青山宝石の扉」の名称でデリバリーヘルスを装った高級売春クラブを経営し、ホームページで客を集めてタレントやモデルを派遣し、月に1億円を超える売り上げがありました。

しかし、手にした所得をまったく申告しておらず、東京国税局は、2年間で約2億 5000万円の所得を隠し、約8000万円を脱税したとして、東京地検に告発しました。

 男性は今年3月、売春防止法違反などの疑いで逮捕・起訴され、東京地裁で懲役3年、執行猶予5年の判決が確定しています。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann/20071102/20071102-00000019-ann-soci.html

※動画

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann/20071102/20071102-00000019-ann-soci.html#
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。