スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


腐女子に執事喫茶が超人気 1カ月以上先まで予約待ち

東京・池袋のアニメショップなどが立ち並ぶ通称「乙女ロード」で、上品な「執事」にかしずかれ、お嬢様気分が味わえる「執事喫茶」が女性の人気を集めている。完全予約制で、1カ月間はすべてキャンセル待ち状態という人気店「スワロウテイル」を体験した。



「スワロウテイル」は05年3月、コミックや同人誌などの専門書店を展開する「ケイ・ブックス」(大塚洋子社長)が開設した。
当時は、メイド喫茶が流行語大賞にもノミネートされるなどブームになっていた時期だった。
女性のオタクが集まる「乙女ロード」での新企画として、「執事喫茶」のアイデアが出され、出店が実現した。

同社の大塚健会長が「やるからには“本物”を」と、フランスで修行を積んだパティシエに手作りケーキを依頼し、紅茶も茶葉から厳選。
木の温かみをベースにした落ち着いた色調で統一した店内に、マイセンやウェッジウッドなどの高級食器をそろえた。
もちろん「執事」の教育にも力を入れている。

国内外の一流ホテルの勤務経験を持ち、愛知万博で皇族や外国賓客へのサービスの担当者をマナー講師に招き、
紅茶や食器の知識、もてなしの態度など約2カ月間の本格的な訓練を積ませ、テストに合格するまで店には出さないというこだわりだ。

オープン当初から女性の口コミでうわさが広がり、半年で店を3倍に改装するほどの人気を集めた。
1カ月以上先まで予約がいっぱいの状態が続いている。

店内に足を踏み入れると、「執事」が深々と頭を下げ、「お帰りなさいませ」というあいさつで出迎える。
持っているカバンやスーツを渡し、「執事」に導かれてふかふかの赤じゅうたんが敷かれた店内を進む。
いすを引いてもらって席に着くと、ひざにナプキンをかけてくれる。もちろん「執事」を呼ぶときは卓上のベルを鳴らす。

以下続きはソース
http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/manga/20071102/
■画像
http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/manga/20071102/2.jpg
http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/manga/20071102/9.jpg
http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/manga/20071102/21.jpg
http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/manga/20071102/23.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。