スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


後藤真希の弟ユウキ、「強盗団ヘッドに堕ちた刺青人生」

久しぶりに聞いたその名前は、「容疑者」という肩書き付きだった。工事現場から100万円相当の工事用ケーブルを盗んだ容疑で、10月20日、元アイドルデュオ「EE JUMP」のユウキこと後藤祐樹容疑者(21)が、警視庁小松川署に逮捕されたのだ。言うまでもなく元「モーニング娘。」の後藤真希(22)の実弟。



'02年にキャバクラ飲酒が発覚して芸能界を引退、そして今回の窃盗容疑での逮捕。しかも主犯格だという。人生、首まで泥に浸かってしまったわけだ。
 なぜ、ここまで堕ちたのか。芸能界を引退後、ユウキは居酒屋(後藤家が経営)で働いていたが、今年6月に閉店した。

 「店長で月給30万円ぐらいだと言っていた。閉店して、1カ月くらいプー。その後はトビとして働いてました。
 仕事はマジメに毎日行ってました。(昨年に)結婚もしていて、2歳くらいの子と、最近2人めの子が生まれたばかり。
 奥さんはかわいいコで、性格も落ち着いてます」(近所の住人)

 と、ここまでは幸せの芽を感じさせる生活ぶりに見える。が、ユウキの生き様は模範的市民とはほど遠かった。

 「以前よりちょっと太って、アゴヒゲを生やし、首と肩までタトゥーを入れてましたね。小さな事件なんてしょっちゅう起こしてましたよ。
 バイクを盗んだり、カラオケボックスで喧嘩したり。彼はお金が絡むと、『やる!』という感じ」(同)

ユウキにはバイクの趣味があった。「旧車會」という古いバイクの愛好者を15人ほど集めたグループのリーダーだったという。

 「400万円以上する新車のクルマや180万円くらいの旧車のバイクを買ってました。そのローンで苦しかったみたい。
 そのうえ、養育費もかかる。6、7月ぐらいから、『旧車會』のメンバーたちと銅線などを盗むようになったんです。
 1トンあたり40万円~60万円になるなんて話をしていた。で、多いときには1回で2トンくらいを盗んだ。そのお金を山分けですよ。
 ユウキも『いいお金になるんだよ~』って」(同)

 その手口はこうだ。軽トラックなどをレンタカーで借り、前日までに工事現場などを下見。当日の深夜12時ごろから3~5人ぐらいで動きだす。江戸川、葛飾界隈を猟場にしていた。プロの窃盗団顔負けだ。だが、計画もやがて破綻を迎える。
 ユウキの仲間が別の窃盗事件で捕まり、そこからユウキの名前が浮上したようだ。知人には「ヤバイよ~」と漏らしていた。
 ユウキは弁護士と出頭し容疑を認めたが、捜査関係者は苦々しげに言う。

 「彼らには余罪もあって、他にも10件くらい同様の窃盗事件を起こしているようだ。
 なかでも最近、渋谷区のビル建設現場で警備員を殴って軽傷を負わせた強盗傷害事件。
 ユウキの関与が疑われており、再逮捕もありうる」

 強盗ならば刑も格段に重い。芸能界どころか、人並みの人生の引退を覚悟しなくてはならない。

※『FLASH』No.981(10/23発売)より抜粋
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。