スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


暴行の不安に怯える韓国の女性たち【危険なタクシー】

最近、女性を狙った強盗殺人事件、性的暴行事件など強行犯罪が相次ぎ、女性たちが不安に怯えている。 今年8月末、ソウル・弘益大前で女性会社員二人が違法タクシーの運転手に拉致された後、殺害された。



また9月には、地下鉄利用者用の駐車場で深夜、警察官が女性二人を凶器で脅して性的暴行を加えた上、約1900万ウォン(約237万円)相当の金品を奪う事件も発生した。今月初めにはソウル市城北区貞陵洞、敦岩洞の一帯で、深夜に一人で帰宅途中だった女性を9回にわたって暴行し、金品を奪って逃げた30代の男が逮捕された。

このように女性を狙った凶悪事件が頻繁に発生しているため、女性たちは安心して夜道を歩くことができず、タクシーに乗るにも勇気が要るという有様だ。

釜山市南区の英語講師チェ・ユジョンさんは、「タクシーに乗る時も家族に電話をするのは基本。家の前で家族が出迎えてくれているのを見て初めて安心できる」と話す。

また、ソウル市東大門区の会社員キム某さん(26)は、光化門にある会社からすぐ近くに引っ越そうと考えている。キムさんは「深夜タクシーに乗って帰るのも怖いし、タクシーを降りて路地を5分ほど歩かないといけないため、会社のそばに引っ越すことにした」という。

専門家らは、女性たちが夜間に主に利用するタクシーの安全確保が急務だ、と指摘する。個人タクシーや一般タクシーなど、ほとんどのタクシーは比較的安全だが、犯罪に悪用される違法タクシーの問題をまず解決すべきというわけだ。

違法タクシーとは、正式な営業許可を受けた車を、タクシー会社や所有者から1日10万ウォン(約1万2500円)程度で借りて営業しているタクシーだ。この手口で、犯罪者がいつでも手軽にタクシー運転手になりすますことができるというわけだ。借りたタクシーをさらに別の人に貸すケースも多く、実際に運転しているのが誰なのか追跡するのも難しい。ソウルでは現在、5000台以上の違法タクシーが営業していると推定されている。

http://www.chosunonline.com/article/20071024000035
http://www.chosunonline.com/article/20071024000036
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

まずタクシー会社を規制しろよ。

【2007/10/25 09:39】URL | Le_sette_stelle #-[ 編集]

韓国は日本より腐るのが早くないか?
こんなニュースを見るとまだ日本の方がましだな

【2007/10/27 20:28】URL | 風 #-[ 編集]

タクシー運転手を女性にすればいい。
アメリカみたいに、運転手の後ろはプラスティックでおおって
お金をうけとる窓口を小さく開けていれば問題はない。

【2008/09/26 05:46】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。