スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


即席ラーメンをレンジでチンできるように

イメージ画像

山下陶器が開発したラーメン一丼
 波佐見焼の里・長崎県波佐見町の山下陶器(山下恒博社長)が
電子レンジを使って即席ラーメンを水から調理できる磁器「ラーメン一丼(いち/どん)」を開発し販売を始めた。



レンジでごはんが炊ける陶器「炊きたて一膳(いち/ぜん)」「炊きたて一膳 大盛(おお/もり)」に次ぐ同社オリジナル商品の第3弾。

 一丼は鍋を使わずに袋入りの即席ラーメン一食分を調理できる器。
器に粉末や液体のスープを入れ、水やお湯を内側のラインまで注いだ後、めんを入れふたをかぶせて電子レンジで加熱する。調理時間は水で7分、お湯で3分。
火を使わず安全な上、鍋を洗う手間も省ける。

 しかも、電子レンジは水分が蒸発しないので調理に必要な水量は400ミリリットルでガスレンジに比べて100ミリリットル少ない。電気料金も一円以下で光熱費削減にもつながるという。

続きはこちら
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/kyushu/20071016/20071016_004.shtml
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

それは便利だ。はやく買いたい。
どこで売ってるのかな?

【2007/10/17 13:39】URL | たかし #-[ 編集]

普通の丼でも出来るだろ

【2007/10/23 21:58】URL | ぽ #3aXRcdxk[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。