スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「大阪の恥」「『浪速の~』名乗るな!」・・・亀田一家に地元・大阪も激怒

亀田大毅選手に出場停止などの処分が科されたことに対し、亀田陣営の地元・大阪のボクシングファンらからは厳しい声があがった。
プロレスまがいの反則行為について、大阪市中央区のビル経営、鳥居学さん(48)は「ボクシングはあくまでスポーツ。フェアに戦わないといけない。処分以前に、今回の反則行為はボクシングの歴史を気づいた先人たちにも失礼だ」と憤る。



反則行為と同じように、亀田陣営の普段の言動に注文を付ける人は多い。
兵庫県西宮市久保町の会社員、加納智恵子さん(43)は「日ごろの態度も
含めて反省するように、ということではないか」。

さらに「地元・大阪の恥」と話すのは、堺市の会社員、田辺麻衣子さん(30)。
「『浪花の~』と名乗っているが、ますます大阪のイメージが悪くなる。
父親が諸悪の根源だと思うので、(史郎氏は)ライセンス剥奪(はくだつ)処分でも
よかったんじゃないか」と厳しい。

亀田3兄弟を取り巻く環境に対する批判も多く、大阪市浪速区の主婦、芝岡祐美さん(48)は
「父親とは違う別の人について勉強してもいいのでは」。大阪市西成同区の
商店主の男性(64)も「ちやほやしすぎた周囲やマスコミも悪い」と話した。

一方で、大阪市西成区の無職、小谷良治さん(81)は
「地元の人間としてはやっぱり恥ずかしいが、
まだ若いし、1年間、よく反省してまた出直してほしい」と話すなど、
亀田陣営に猛省した上での再起を求める声もあった。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/071015/trd0710152208005-n1.htm
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。