スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


韓国人はなぜ「激辛」を求めるのか ⇒ 「唐辛子中毒はニコチン中毒と原理が似ている」

イメージ画像

ソウル市鍾路区昌信洞にある飲食店「キッテ峰冷麺(れいめん)」は舌に火がつくほど辛い冷麺を出すことで知られ、熱狂的なファンを持つ。メニューには「当店のビビン冷麺(スープがなく辛いタレを混ぜて食べる冷麺)・水冷麺(スープの入った冷麺)は辛いです。ご注文時には参考になさってください」という注意書きがある。



 唐辛子のタレの量により、「辛い→普通→辛くない→真っ白」など6段階に分かれているが、「辛くない」を選んでも普通の冷麺店のビビン冷麺よりもずっと辛い。経営者のチョ・ソンミさん(44)は「慣れてしまうのか、馴染みのお客さん
たちが“もっと辛くして”と言うので、もう一段階辛くした“辛い”を追加した」と話す。また、ソウル市内の宣陵駅近くにある
中華料理店「マダム・ミン」のチャンポンは唐辛子粉を入れて沸騰させたスープに唐辛子油を入れ、さらに
唐辛子のタレまでつける。食事時(どき)になると、店は客でいっぱいになる。

 湖西大学食品栄養学科のチョン・ヘギョン教授は14日、「1592年の壬辰倭乱(文禄・慶長の役)以降、“倭カラシ”
という名で唐辛子が伝えられ、庶民の間に広がったが、唐辛子入りのキムチを漬け始めた18世紀以前には軽く辛味を
出す程度だった。1670年ごろに書かれた初のハングル表記による料理本『閨壼是議方』には、唐辛子を入れる
料理についてはほとんど書かれていない」と語った。

 淑明女子大学食品栄養学科のハン・ヨンシル教授は「痛覚(痛みを感じる感覚)に属する辛味は口の中で感じられる
独特の感覚で、徐々に中毒性を持つようになる」と説明する。『トウガラシの文化誌』(原題『PEPPERS:A Story of Hot Pursuits』)
の著者アマール・ナージ氏は複数の心理学者の研究を引用、「唐辛子中毒はニコチン中毒と原理が似ている」と分析する。

 ナージ氏は「ジェットコースターのように痛みを感じるが、実際には体に傷が付いていないことからくる心理的快感、
傷ついたと判断した脳が分泌するエンドルフィン(鎮痛効果のある神経伝達物質・脳内麻薬とも呼ばれる)のせいで、
さらに辛い唐辛子を食べたくなる」と説明している。

■図や写真
http://file.chosunonline.com//article/2007/10/15/163737904332661850.jpg
http://file.chosunonline.com//article/2007/10/15/402493671184184595.jpg
http://file.chosunonline.com//article/2007/10/15/983232913357974347.jpg
■ソース
韓国人はなぜ「激辛」を求めるのか(上)
http://www.chosunonline.com/article/20071015000048
韓国人はなぜ「激辛」を求めるのか(下)
http://www.chosunonline.com/article/20071015000049
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

唐辛子中毒か
初耳だけど
ニコチン中毒よりは良いと思うよ
たばこ吸わない俺としては
一番嫌いなのはどこでもぷかぷか変な煙を出す奴らだから

【2007/10/16 11:01】URL | 風 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。