スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「存在が目障りだ、お願いだから消えてくれ!」自殺原因は上司の「パワハラ」、初の労災認定

イメージ画像

「夫が自殺したのは上司による『パワハラ』が原因だ」として、妻が労災の認定を求めていた裁判で、東京地裁は、妻の訴えを認める判決を言い渡しました。  「存在が目障りだ、居るだけでみんなが迷惑している、お前のカミさんも気がしれん、お願いだから消えてくれ!」「車のガソリン代ももったいない」(男性社員の遺書)



上司による「いじめ」とも言える言葉を書きつづった遺書。これは4年前、製薬会社「旧・日研化学」現在の「興和創薬」静岡営業所に所属していた、当時35歳の男性社員が自殺する前に書いた遺書です。

原告側によると、社員は新しい係長が赴任してきたあと、5年前の秋頃から
「パワハラ」を受けたと言います。「何処へ飛ばされようと仕事しない奴だと
言いふらしたる!」「お前は会社をクイモノにしている、給料泥棒!」(男性社員の遺書)

社員は「パワハラ」を受けている最中、仕事のトラブルが相次ぎ、4年前の3月、
首つり自殺をしました。社員の妻は、自殺は係長による「パワハラ」が原因だったとして、労災の認定を求め提訴。15日の判決で、東京地裁は「係長による言動により、過重な心理的負荷を受け、精神疾患を発症した」と指摘、「自殺は業務に起因するものだ」として労災を認める判決を言い渡しました。
自殺の原因が「パワハラ」だとして労災が認められたのは、初めてです

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3682644.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。