スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


渋谷の若者、17人に1人経験あり 感染者の性関係の相手の数は平均37人

医療関係者らによる性感染症(STD)啓発団体「STOP!STDを考える会」が
東京・渋谷で遊ぶ10代後半の若者にアンケートしたところ、17人に1人がSTDにかかった経験があると回答した。


同会は「性行動が極めて活発と思われるグループのデータだが、性感染症の知識は不十分で、知らないうちに病気を広めている危険がある」と分析している。

 調査は8月10~16日、路上などで高校生と10代の卒業生に用紙に記入してもらい、466人分が集まった。性体験があったのは68%で、5.8%が「性感染症にかかったことがある」と答えた。

 また、性関係の相手の数は平均で5.2人だったが、感染経験者に限ると平均37人と7倍以上多かった。

 性感染症については8割以上が「説明できる」「聞いたことがある」と答えたが
「望まない妊娠よりも性感染症の方が10倍かかりやすい」「クラミジア感染を
放置すると子供が産めなくなる」といった正しい知識は、約2割しか持っていなかった。
エイズが若者の間に広まりつつあることも、半数以上が知らなかった。【清水健二】

http://mainichi.jp/select/science/news/20071015k0000e040046000c.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。