スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「恋人の遺体バラバラにして煮た」人食い小説家?逮捕

メキシコ・メキシコ市のホラー小説家が現地時間11日、ガールフレンドの遺体をバラバラにしてアパートの自室に隠していたとして、逮捕された。調べに対し「バラバラにした遺体のいくつかを煮たことは煮たが、食べてはいない」と供述しているという。



 現地検察当局によると、逮捕されたのはホセ・ルイス・カルバ容疑者。被害者の女性(30)の遺体は、
胴体部分が衣装ダンス、脚部と腕の一部が冷蔵庫、骨がシリアルの箱の中に、それぞれ入れられていた。
さらに、フライパンには揚げた肉の塊が残されており、捜査員は人肉の可能性があるとして調べている。

 また、容疑者宅からは、「Cannibalistic Instincts(人食いの本能)」とのタイトルが付けられた小説の草案が見つかった。カニバリズム=人肉嗜(し)食=を題材にした内容だという。

 事件は、容疑者の隣人が「異臭がする」と通報したため発覚。捜査員が踏み込んだ際、容疑者は逃走を試みたが、すぐに車にひかれて逮捕された。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20071014-OHT1T00080.htm
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。