スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バキュームカーに「かわいい」の声多数(画像有り)

イメージ画像パンダの顔がデザインされた大型バキュームカーが佐世保市内を駆け回り、話題を集めている。 同市の廃棄物処理業「佐世保清掃」(富吉芳久社長)がし尿処理業務のイメージアップを目的に展開する動物車両シリーズの第2弾。



バキュームカーはにおいなどから敬遠されがちというが、5年前に車両背面に猫の顔を描いたところ、し尿回収先の小学校児童や企業の女性社員に好評。
「猫の車に出合ったから今日は良いことがある」という声が上がるなどしたという。
今回、富吉社長が5年ごとの定期車両塗り替えに合わせ新柄を検討。
市民から要望があった犬のデザインも考えたが「鼻先の立体感を出すのが難しい」(富吉社長)などとして、最終的には清潔感を出すために25年前から導入している純白の車両基調カラーを生かしたパンダ柄に決めた。

富吉社長自ら10日ほどかけて作画。柔らかさを演出するために目や鼻のラインを波線にし、 車両側面や前面の社名「SASEBO SEISO」の「O」をパンダの顔にするなど遊び心も取り入れた。 。 。 。
9月下旬から街中を走り始めたが、「かわいい」という声が多数寄せられているという。
富吉社長は「毎日、国道などで市民や観光客の目に触れる車を扱う以上、
都市景観を損なわない工夫を今後も続けていく」と話している。

=2007/10/13付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/nagasaki/20071013/20071013_001.shtml
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。