スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


泥酔し「死んでやる」と叫んで道路に横たわった男、妻子の前で自動車にひかれて死亡

12日午後9時半ごろ、神戸市中央区下山手通7の市道で、酒に酔った近くに住む男性会社員(44)が「死んでやる」と叫び、妻(44)や息子(16)の目の前で道路に横たわった。


 
男性は同区の男性会社員(25)と男性医師(53)運転の2台の乗用車に次々とひかれ、病院に運ばれたが間もなく死亡した。

兵庫県警生田署の調べなどでは、会社員はアルコール依存症だったといい、
妻らとは一時的に別居して同市長田区の実家に戻っていたが、
いったん妻らの家に帰る途中だった。道に横たわった会社員の
手を息子が引っ張ったが、間に合わなかったという。

同署は、ひいた車の運転手2人について、立件できるかどうか慎重に検討している。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071013k0000m040162000c.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

かわいそうな気もするが
轢いた方の人も
結構トラウマになるぞ
自分が人殺しになったんだからな
多分罰を受けることはないと思うけど

【2007/10/13 15:48】URL | 風 #-[ 編集]

いくらなんでも、これで轢いた人を立件はひどい。
自殺でしょ?
もし私が轢いたならならむしろ慰謝料が欲しいくらい。
しかし、この依存症の人は奥さんと息子さんのがどれくらい傷つくか考えないのかな?
アルコールは怖いですね。

【2007/10/14 01:19】URL | なお #-[ 編集]

夜でも、制限速度で前見て運転してれば止まれるだろ。何が慰謝料だ。

【2007/10/16 18:03】URL | らら #-[ 編集]

3の人 他人の自殺に巻き込まれることでどんなに嫌な思いをするか、想像できませんか?
それに「制限速度で前見て運転してればとまれるだろ」?
今回の事故では2台も轢いています。それほどに避けがたいのです。神戸の道は、多分あなたのイメージする田舎の「対向車線も前方も車がほとんど走ってない、広く長い一本道」ではないのです。また入り組んだ道で通行量も歩行者も多いのでもともと制限速度以上では市内は走れないのです。あなたの考える田舎道では確かに起きない事故です。でも夜の都会の道はレベルが違うのです。だからこうゆう事故が起きるのです。

【2007/10/18 02:28】URL | なお #-[ 編集]

>>2
考えていたらそもそも依存症にならないだろうねぇ・・・

>>3
現場の道路状況などをちゃんと知った上で言ってるのか?
知らないならうかつに言うなよ。
俺も知らないからこれ以上は言わない。

【2007/10/18 10:32】URL | #-[ 編集]

まいろいろ意見はあるだろうが
車で走ってるときに道路に人が寝ていたら
止まれる人はほとんどいないだろうな
たとえ制限速度で走っていても

【2007/10/18 12:01】URL | 風 #-[ 編集]

田舎なんて一言も言ってません。二人が轢いたらしょうがない事故なの? 道路に倒れこむ酔っ払いや、飛び出してくる年寄り、子供は日本中にいます。同じ道路状況で轢いてしまうドライバーもたくさんいると思いますが、止まれたドライバーもたくさんいると思います。安全運転してください。

【2007/10/18 14:24】URL | らら #-[ 編集]

田舎なんて一言も言ってません。どんな場所でも前を良く見ていなければ事故はおきます。夜の都会だから、二台に轢かれたからしょうがない事故なのですか? 同じ道路状況で轢いてしまうドライバーはたくさんいるかもしれませんが、止まれたドライバーもたくさんいるはずです。轢かれた方が悪いというのはおかしいです。

【2007/10/18 18:09】URL | らら #-[ 編集]

米7-8
よほど見通しがよくて余裕を持って減速したのでなければ
自分が玉突き事故にやられることになりかねないよ?

> どんな場所でも前を良く見ていなければ事故はおきます。

見ていれば起きないわけでもない。


たとえばカーブのすぐ先で寝転がられていたらどんな安全運転でもまず止まれないと思うよ?
安全運転をしていれば避けられた事故か、安全運転をしていても避けようのない事故か、
正確な情報を把握していないのに軽々しく言うなって。

いずれにしても、道路で寝転んでよいわけはないことは変わらんがなぁ・・・

【2007/10/19 17:41】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。