スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


49人殺した殺人犯 「最初の殺人は初恋のようなもの…」

イメージ画像49人を殺害した罪に問われているロシア人の男が9日、犠牲者の数をさらに11人追加するよう裁判所に求めた。また、18歳で最初の殺人を犯した際の心境について、初めて恋に落ちたようだったなどと陪審員に語った。



スーパーの店員だったアレクサンダー・ピチュシキン被告(33)は、殺人を犯すたびに64マスあるチェスボードにコインを置いていたことから、地元紙では「チェスボードの殺人者」と呼ばれている。

同被告は「最初の殺人は初恋のようなもの。決して忘れることはない」と発言。「(被害者が)自分と親しくよく知っている人物であるほど殺害の喜びが深まる」と述べ、すべての殺人の動機が生きるためだったと主張した。

すべての案件で有罪判決が下された場合、ロシアで最も多くの犠牲者を出した連続殺人犯となる。

裁判には今後被害者とされる人物の親族が少なくとも41人、さらに目撃者98人が出廷する予定で、長期化が予測されている。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-28274920071010
http://jp.reuters.com/resources/r/?m=02&d=20071010&t=2&i=1912046&w=450&r=img-2007-10-10T154335Z_01_NOOTR_RTRMDNC_0_JAPAN-282749-1
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。