スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ひどい…あたし」夢見た教壇に立って2カ月、彼女は自ら命を絶った 23歳新人教諭の苦悩

東京都新宿区立小学校の新任の女性教諭(当時23)が昨年6月、自ら命を絶った。
念願がかなって教壇に立ち、わずか2カ月後に、なぜ死に至ったのか。両親や学校関係者に取材すると、校内での支援が十分とはいえないなか、仕事に追われ、保護者の苦情に悩んでいた姿が見えてくる。



 母(55)がメモ帳に書かれた遺書を見つけたのは、死去から2カ月たった昨年8月のことだ。
「無責任な私をお許し下さい。全て私の無能さが原因です」。「無責任じゃない。責任を果たそうとしたから倒れたのに」と父(55)。やりきれない思いがこみあげた。

 高校時代から教師を目指した娘が小学2年生の担任としてスタートを切ったのは、その年の春。

 この学校は各学年1学級だけで同学年に他に担任がおらず、授業の進め方の直接の手本がなかった。しかも、前年度10人いた教員のうち5人が異動していた。「家庭の事情など本人の希望などを尊重した」と区教委は言うが、「校長の経営方針に反対して異動を希望した教員も多かった」と学校関係者。「新学期のうえに教職員が入れ替わったせいで、ゆとりがなかった」と関係者は語る。

続き
http://www.asahi.com/national/update/1009/TKY200710080324.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

責任感が強いのはわかるけど
何も死ななくてもいいと思うよ
わからないなー俺には

【2007/10/11 11:20】URL | 風 #-[ 編集]

こんな真面目で責任感ある人が自殺とは・・・。
もったいないですね。
余談ですが、私の知り合いで県庁マンになった奴がいた。
仕事がんばったら、周りから「そんなに仕事するな」「出世したいだけの和を乱す奴」っていじめられ、ノイローゼになり退職。
公務員は頑張る人には向かないのかな?

【2007/10/14 01:31】URL | なお #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。