スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホームレスタクシー 12年間タクシーで生活、4年半無許可営業

イメージ画像大阪府警天満署は5日、営業免許が切れたままタクシー営業をしたとして、道路運送法違反などの疑いで住所不定、
個人タクシー運転手松井正幸容疑者(61)を追送検した。松井容疑者は12年間、タクシーの車内で生活していたという。


調べでは、松井容疑者は9月18日午後2時半ごろ、大阪市城東区の国道で、無許可のタクシーに客を乗せて運行した疑い。
営業免許は2003年4月に失効、翌月、車検も切れた。さらに04年には自動車損害賠償責任保険も失効していた。

松井容疑者は「妻から仕事をしろと言われるのが嫌だった」と12年前に離婚。以降、車内で暮らし始めた。トランクに着替えを
入れて風呂は銭湯を利用。生活費がなくなると営業していた。「金がなくて許可の更新などができなかった」と話している。

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20071005-266017.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。