スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自転車で標高3000mから下り坂60kmを一気に降りる人気ツアー、死亡事故相次ぎ休止に

イメージ画像米国立公園局は3日、ハワイ・マウイ島の観光名所、ハレアカラ国立公園で標高約3000メートルの山頂付近から坂道を自転車で降りる人気のツアーを、死亡事故が相次いでいるとして休止した。AP通信が伝えた。


 ハレアカラ山を中心とする同国立公園は世界最大級の休火山。頂上まで車で行き、雄大な景色を眺めた後に約60キロの下り坂を自転車で一気に降りるスリルなどが人気を呼び、100-150ドル(約1万7000円)の料金にもかかわらず年約9万人が利用しているという。

 しかし、米国人観光客の女性が先週、自転車をコントロールできなくなり、車に跳ねられ死亡。昨年11月には男性が自転車から転落するなど、この1年間で3人の死者が出た。公園の監督責任者は「3人の死者が出たことは重大だ」と述べ、最低60日間は休止するとしている。

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20071004-265447.html

関連動画>Downhill Haleakala on a Bicycle
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

自力で登ってから下ることに意味があるのに、
登りは車なんて邪道。

【2007/10/25 01:23】URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。