スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


精神病院に入院していた18歳少年が看護師をナイフで刺し殺す


東京・練馬区の病院で3日未明、入院していた18歳の少年が、男性看護師をナイフで刺したとして、現行犯逮捕された。看護師は死亡した。警察はナイフの入手経緯などの捜査を行っている。
3日午前1時すぎ、東京・練馬区の陽和病院から「職員が患者に刺された」と通報があった。

刺されたのは看護師・井ケ田 治さん(33)で、井ケ田さんはその後、死亡した。
逮捕されたのは、精神科に入院していた18歳の少年だった。
陽和病院の熊谷彰人事務長は「入院時、希死念慮といって、ちょっと死にたくなるような状態があった。比較的早めに状態が安定したので、単独外出で自由にできるようになっていた」と語った。

深夜、少年は自分の荷物を持ち、病室を出た。
そこに巡回していた井ケ田さんがいたという。
「邪魔するな」と叫んだという少年は、井ケ田さんとすれ違いざまに刺した。
熊谷事務長は「腹部、胸部、それから口のあたりを、かなり深く刺されていたみたい」と語った。

少年は、井ケ田さんを刺したあと、フロアの出口のあるナースステーションに向かった。
しかし、ナースステーションの扉は鍵がかかっていたため、少年は「出してくれ」と叫んだという。
その後、少年は職員らに取り押さえられ、駆けつけた警察官に逮捕された。
熊谷事務長は「(ナイフは持ち込み可能?)持ち込み禁止です」と語った。
警視庁は、少年の容疑を殺人未遂から殺人に切り替え、くわしい動機を調べている。
 
http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00119348.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

まさに気違いだ

【2007/10/08 17:16】URL | 風 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。