スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【動画アリ】パチンコ業界、「客減少+遊技機の価格高騰」で悲鳴…客は「儲かりにくくなった」と不満多く

イメージ画像人気アニメや有名人をキャラクターに起用するなど、ド派手な外観が目立つ最近のパチンコ台。
 ファンにとっては楽しめる一方、台を設置するホール経営者からは悲鳴があがっている。


 「本日は全国の理事長が一緒に訪問し、ホールの切実な思いを伝えにまいりました」全国のパチンコホール51組合で作る「全日本遊技事業協同組合連合会」(全日遊連)の山田茂則理事長は今夏、40人の傘下組合の理事長らとともにパチンコメーカー各社の業界団体とパチスロメーカーの業界団体を相次いで訪れ、要望書を手渡した。

 要望書の最重要項目はパチンコ・パチスロ機の単価引き下げ。関係者によると、遊技機の価格は上昇傾向が続き、高いもので1台当たり50万円以上する機種もある。もちろん20万円未満の安いものもあるが、ホール経営者としては人気が高い高価格機種を導入せざるを得ない状況という。

 この結果、パチンコ・パチスロホールの中には閉店を強いられるケースが続出。昨年末には1万4674店あった全日遊連加盟店は、1万3000店まで減少した。
 全日遊連は「ホールの経営が苦しくなれば、メーカーも含めたパチンコ・パチスロ市場の発展は望めない」と危機感を募らせる。

 ただ、メーカー側にも台を安くできないワケがある。「あるメーカーは07年3月期の売上高が前期比19.9%減となり、別メーカーも7.8%の減収。メーカー側も楽じゃない」(関係者)のだ。

 背景には「液晶画面の大型化やキャラクターの使用料、広告宣伝費などコストアップの要因には事欠かない」(別の関係者)という事情がある。
 その一方で、04年7月に改正遊技機規則が施行されて以降登場してきた新基準機にはファンから不満の声が多く出ており、特にパチスロ機では「儲かりにくくなった」という声が多い。

 社会経済生産性本部が発表している「レジャー白書」の07年版によると、パチンコ参加人口は1660万人で前年比2.9%減。1995年版の2900万人と比べると、4割以上の減少に見舞われている。(一部略)

http://www.zakzak.co.jp/top/2007_10/t2007100124_all.html

関連動画>パチンコ業界 倒産・閉店"急増"の真相
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いいことだ!
どんどん縮小しろ

【2007/10/02 11:55】URL | #-[ 編集]

確かに最近のパチンコ屋は元気がねえな
しょっちゅう新台入れ替えばっかりじゃ金も続かないだろうな
スロットも規制が厳しくなったし
警察の言うがままにならないとしょうがないのが
この業界の苦しいところだろうな
今は北の資金源になってるわけでもないんだから
警察はもうちょっとゆるめてやらないと
にっちもさっちもいかなくなってしまうぞ

【2007/10/02 15:51】URL | 風 #-[ 編集]

学生・子供もOKにしたら?

【2007/10/02 16:36】URL | #nLnvUwLc[ 編集]

パチンコしないから関係ないな。
てか金を賭けられないくらい所得が下がってるっていう現実

【2007/10/02 19:49】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。