スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「(沢尻エリカを)少しでもいい印象で終われるようにしてあげたかった・・」あの舞台挨拶の司会をした富永美樹アナ


2007年10月01日(月)
おそるおそる・・?

さっき、今朝の(あ、もう昨日か・・)スポーツ紙朝刊を読んでいたのだけど。
昨日の「クローズド・ノート」舞台挨拶のことが、まぁ、でかでかと・・(笑)。
(予想はしてたけどね・・)

読み進んでいくと、そこにはこう書いてあり。
「司会の元フジテレビアナウンサー・富永美樹(36)が恐る恐る
「印象に残ったシーンは?」と質問すると「特にないです」とピシャリ。
さらに、クッキーを焼いて現場に届けたエピソードを聞かれると
「別に」と答え、富永アナをにらみ返した。」
(・・こーやって書くと、ウチが「何スポーツ」を取っているかバレてしまうかしら・・)

「富永美樹(36)が恐る恐る・・」って(笑)。
「36のおばちゃんが21歳の女の子に「恐る恐る」質問するかぁ、フツー。
この設定はムリあるだろぉ・・」
・・とは読みながら思ったものの
きっとちょっとおもしろおかしく書きたかったんでしょうね・・。

少なくとも36歳にもなった今(そんなに何度も言わんでもいい?)、
ヒトになにか質問をするにあたって、その相手が、
たとえ、どんなテンションでいようとも「恐る恐る」聞くことはないよね(笑)。

ただ、同じ事務所に所属するモノとして、
そして年上の女として、
少しでもいい印象で終われるようにしてあげたかった・・。
それだけでした。

10月1日付、富永美樹公式サイト日記より
http://star-studio.jp/tominaga-miki/

「クローズド・ノート」舞台あいさつ動画
http://www.tbs.co.jp/dunknews/mov/200709290100.asx

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。